★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【定休日以外の休業日】

8月6日

8月11日

8月20日

2015年 8耐参戦の軌跡19


2015年7月26日(8耐決勝日)

いよいよこの日が来た。
長いようで短い時間に追われる日々も今日終わる。

8耐の舞台に自分たちの力で立てたことを誇らしく思う。

IMGP7623.jpg

色々な思いを胸に
このチームに参加・サポートしてくれた人たちがいる。

自分が参加することで足手まといになるのではないか?
任されたパートを果たして、務めきれるだろうか?

不安な気持ちが大きい人も居たけれども、
結局、この日仲間としてピットで共に戦ってこれたという事は、
その不安よりも8耐に参加したいという気持ちが勝ったからだと思う。

正直、8耐は何をするにしても楽じゃない。
ただ好きだから、ちょっとやってみたいから、というレベルでは務まらない。

ある意味ガマンの耐久だ。

仕事を平日に休み、任された仕事をこなし、
打ち合わせ、段取り、全てにおいて一人作業はない。
誰かに合わせるという事が出来なければ、
チームの中では通用しない。

僕がこのチームを運営する上で
重要視したことは、絶対的な縦の関係と協調性。

監督は絶対的な存在で、
誰も監督の決定に文句は言えない。これがルール。
そう、僕も例外なく監督の決定事項には従う。

その他パートごとの長が現場での一時的な判断を下す。

協調性のない個人プレーの
「俺が俺が」という部分は全く必要としていない。

なぜなら、チームだから。

みな自分の我を通すことができればガマンは必要ないのですが、
そんな状態でチームが纏まるわけがなく、
自分の我を通さず、ガマンではなく、チームというものを理解して
チームワークに必要な相手への理解を深めることに時間を費やしてきた。

SNS上だけではこの作業は到底できない。
一緒に食事し、作業し、相手の顔を見て話す時間を大切にした。

時にはそういう場、そういうタイミングで
思っていることを伝え、お互いの考え方を理解する。

絶対的な時間が要る。
だから8耐は簡単にはできない。

そういう途方もない時間を費やして
この決勝まできた。

IMGP7626.jpg

最後のフリー走行。

IMGP7631.jpg

この時も異常というレベルの異変はなかった。

IMGP7650.jpg

スタート前の記念撮影。
この時もピットで決勝準備をしていて
グリッドに来られなかったメンバーがいる。
ここで全員の写真を撮りたかったですね。

IMGP7666.jpg

タオルを広げて応援してくれる人を見つけた時は嬉しかったですね~。

IMGP7675.jpg

心が緊張感で満たされます。

IMGP7676.jpg

刻一刻とスタート時間が迫ってきます。

IMGP7680.jpg

そして、運命の11時30分に定刻通りスタート!!

IMGP7685.jpg

3周目にスローダウンという一報を聞いた時は、
何か比較的軽いトラブルがあって、
作業をすれば再スタートできると思っていましたが、

エンジン音を聞いた時に、
事の重大さを認識しました。

はじめはエンジンを搭載した状態で
組み替えられるパーツを組み替えましたが、
全く変わらず、エンジンを下すという決断をしました。

IMGP7683.jpg

もう、この時点で2時間以上経過しており
レースではなくなりました。
メカニックが何とか手はないか?
試行錯誤してくれましたが、



決勝レース中に
この状態では、もう打つ手がなくなり
再びエンジンに火が入ることはありませんでした。

IMGP7691.jpg

わずか4周。

これが現実。

沢山の人達の力と時間を借りて挑んだ8耐は、あっけなく。

何が起こったのか処理できないような速さで終わってしまいました。

僕は途方もない時間と労力を費やしたメカニック班に
決勝の舞台でピット作業をしてもらいたかったし、
メカニックはその逆で僕を走らせたかったと・・・。

この8耐参戦にご支援ご協力いただきました
スポンサー様・パーツメーカー様・Tシャツタオルをご購入して下さった方々、
そして、チーム関係者様
ご支援・ご協力、本当にありがとうございました。

悔いのレースになってしまった事、本当に申し訳ありません。
主宰者として、深くお詫び申し上げます。



2015年鈴鹿8耐のレポートはこれで終了しますが、
この春から密着してくれたリュウセイさんが、
8耐のドキュメンタリー動画を制作してくれました。
(現在、PC環境からのみ閲覧可能です。)

この動画を見て頂ければ、
ここまでの軌跡がよりわかると思います。

見終わった後、
最後の結末を知らない自分の姿に
複雑な気持ちになったのが正直な感想です。


2015年8耐参戦の軌跡(完)
H.L.O RACING with RANGER Garage36
主宰者:第1ライダー 樋口 耕太





2015年 8耐参戦の軌跡18
IMGP7542.jpg

土曜日(フリー走行・前夜祭)

IMGP7545.jpg

人の多さにビックリした。
そして暑さにも・・・。

IMGP7549.jpg

ピット側から見るとこんな感じ。

IMGP7554.jpg

横から。

IMGP7569.jpg

そして再び前から。

レーシングスーツ着て暑くないんですか?
というご質問をいただきますが、
もちろんもれなく暑いです。
走ってる時よりも暑いかも・・・。

IMGP7583.jpg

セットの最終すり合わせチュウ。
チュウしてるようにも見えますね(笑)

IMGP7584.jpg

ピット作業も最終段階へ。

IMGP7586.jpg

今思えば、
EGはこの時すでに異変があったのかもしれませんが、
明らかな異変だと断定できる材料は見当たりませんでした。

IMGP7594.jpg

そして前夜祭。
ギャオストッティーのキャンギャル二人が

IMGP7601.jpg

前夜祭を盛り上げてくれました。



さらに、お絵かき対決で勝って負けての罰ゲーム。
ちなみにこの企画トッティー提案です。
プロやね~



前夜祭の花火。

この花火を軽く見ながら
明日の花火はヘロヘロなんやろな~って思ってました。
甘かったですね。

IMGP7608.jpg

前夜祭終了後、
ピット前ではピット作業の練習をしておりました。

その後メカニック以外のメンバーが宿へ撤収した後も
メカニック班は居残りで決勝準備をしてくれましたが・・・。

・・・。

居残りどころか、
ハプニング発生で宿まで帰ることができなかったらしく、
ピット内のマシンの横で朝まで仮眠したそうな。

今思えば、ウィークに入ってからの少し少しの違和感が
決勝の結果につながったとも思えます。

明日は決勝(最終回)です。

つづく・・・。



2015年 8耐参戦の軌跡17


金曜日(公式予選)



朝のフリー走行から始まる。

IMGP7430.jpg

この日はライダーにとってミスの許されない日。

IMGP7438.jpg

入念に必要なことを伝える

IMGP7451.jpg

予選1回目
予選は計2回あるが、2回あると思って走っていると、
エライ目に会いかねない。
とにかく最低限予選通過タイムを計測する必要がある。

IMGP7457.jpg

絶対にミスの許されない1回目の予選は緊張感が半端ないです。

IMGP7473.jpg

まあ、なんとか1回目の予選で14秒台のタイムを計測することができたので、
他車の状況からして、予選通過は問題ないタイムだった。

ピットウォークも始まる。

IMGP7476.jpg

公正証書以外にサインをするのはここだけです。

IMGP7515.jpg

楽しそうやね。
その顔が見たくて8耐やりました。

IMGP7516.jpg

午後から予選2回目
予選通過の事は考える必要が無くなったので、
8耐唯一の自分の時間をもらう。

フルアタックは3周のみ。

その3周で自分を進化させると共に、
チームメンバーの頑張りに報える走りを見せる。

IMGP7521.jpg

ブチ切れモードで発車。

IMGP7528.jpg

はい。4周して帰ってきました。
ベストが出てがっかりです。
と言うのも、車体のロガー上のタイムは12秒7だったのに、
公式のタイムは13フラット。

ベストが出てこんなに嬉しくないのは初めてでした。

IMGP7531.jpg

予選はBグループ16位でAB頭取りの32位で通過
夜は予選通過チームに出走義務のある夜間走行。

IMGP7532.jpg

ライトのチェックがメイン

IMGP7535.jpg

ですが、いろいろな要因で、
なかなか上手く行かない様子。

結局時間内に、光軸を合わせ切ることができ無かった。

不安を残したまま金曜日は終了した。


つづく…。



ここからは今日の出来事


昨日は自分の走行で鈴鹿。
今日はレースサポートで岡山国際。



レースは楽しいのが一番です!