★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20180424225126bc3.jpg

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【営業案内】

インストラクター
サーキット走行のイントラのお仕事を
初めてさせて頂いてから、かれこれ15年ぐらい経ちました。

サーキット走行が初めての方、地方選手権に出場したい方、
ツーリングで使えるスキルUPをしたい方、
対象の方のスキルや目的は様々ですので、
その人その人に合わせて伝える方法や内容を変えなければなりません。

初めの頃は、自分が得意なことを教える難しさに
気づいていませんでした。

ここ数年は、アドバイスとしてお話しする時間よりも
参加者の方のお話を聞いている、聞き出す時間の方が圧倒的に長くなっています。
普段士業の仕事をしている時と同じ感覚です。

聞く、聞き出す力があってこそ、
参加者の考えや、問題になっていることを理解でき、
適切かつ正確なアドバイスができると思います。

いろいろイベントや走行会を通じて、
沢山の方々に接してきて思うことですが、
基本バイク乗りは自由な人が多く、人にあーだこーだ言われるのが好きではない人が多いと思いますので、
相手の話しを良く聞いて、お節介にならない程度のアドバイスを心がけています。
もちろんグイグイ教えてくれ!と来られる方もいらっしゃるので、
その時は全力で濃いーく。アドバイスさせていただきます。

また、いつも思いますが、
アドバイスしながら自分に言い聞かせていることも多々あります。
教えることは自分にとっても良い時間です。

押すも引くも顧客目線で考えることが大事だと思います。





ロガーのススメ
73501609241527.jpg

僕はブレーキングが得意な方です。

いろいろと条件はありますが、
ブレーキングが思ったように決まれば、
タイムも伸びる傾向にあります。

ただ、僕が一般の方にレクチャーさせていただく時には
ブレーキングで頑張らないでくださいとお伝えしています。

なぜなら、
僕はブレーキングでタイムを詰める作業は
他のことがある程度出来てからでないと
転倒するリスクが高いと考えています。

簡単な話、サーキットで速く走るには、
1周常に全開で走ることが出来れば、
その車両の最速ラップをマークすることが出来るのです。

しかし、そんなこと普通に考えてあり得ませんので、
1周回における全開の時間(アクセルが開いている時間)の比率が高ければ高いほど
ラップタイムは短縮されます。

このことから、先ずはアクセルが開いている時間を増やせるよう
短いストレートや、切り返しの一瞬でも全開に出来る癖をつけていただいています。
もちろんフルバンク時ではなく、マシンが直立に近い状態になるときの話です。

いつどの場所でアクセルがどれぐらい開いているのか?
これを主観的ではなく客観的に見るのが一番いいです。
主観的な(ライダーの感覚)感覚はロガーデータなど(客観的なデータ)を参照したときに
ズレている事が度々あります。

全開のつもりですが・・・・。など。

データロガー導入にはイニシャルコストがある程度かかりますが、
精度の疑わしい主観に惑わされ迷宮入りし
タイヤ、走行料、燃料をやみくもに使うより
的確に課題が見え、その課題に取組んだ結果も明確にわかりますので、
トータルで一番スマートな選択と言えます。

H.L.O RACING Cafeの営業日には
ロガー導入・ロガーデータアドバイス、ライディングアドバイスも
行っています。

上手にかつ安全に乗れればバイクはもっと面白くなりますよ。





レースと金
いつも思った事を思いつくまま
テキトーに書いてますが、
今日は、レースとお金についてに思った事を書きます。

レースはお金かかりますね。
オイシイところがたった数周のタイヤが1セット片手万円だったり
MFJ・サーキットライセンス費用、走行料、GAS、消耗品・・・。
あげ出したらキリないですね。

金持ちでもない限り、普通に生活していたら、
本気のレースなんて1年も出来ません。

もっとも、趣味であればだれにも迷惑をかけず
自己資金の範囲でやれば何の問題もなしですね。

最初に書いたように、レースはめっちゃ金かかります。
それを何を目指してやるのか?どういうスタンスでやるのか?
それによって、全てが自己完結のレースになるのか?
他人を巻き込んでのレースになるのか?
そこんところが変わってきます。

このブログでも何度か書いていますが、
他人から”金”や”物”の支援を受けてレースに参戦する場合
国内・国際ということは関係なくプロであるという意識を持って
取組まなければ後々エライ目に会います。そう必ず。

昔から、タダより高い物は無いって言いますよね。
そのまんまです。

悲しい現実として、この宣伝広告効果の乏しい
今やマイナー競技であるロードレースですが
特に僕ぐらいのレベルではお金を出す経済的な意味はほぼ皆無です。

じゃあ、なんでスポンサーがついてくれるのか?
僕は共有と共闘だと勝手に思っています。

そのスポンサーは一緒に
ライバルたちと、しのぎを削る戦いを共に闘っている時間と空気を共有する
代理戦争的な要素があると僕は思います。

経済的な見返りじゃないのだから
少しでもその思いに報いたい、という気持ちで必死です。毎日。
対価は命みたいなもんです。

それに僕のやりたい事を少しでも助けてやろうっていう気持ちで
サポートしてくれている人が沢山いますから
レースに対してナメた取組み方は出来ません。
レースで死にたいなんて思った事は一度も有りませんが、
テスト・レースにかかわらず、サーキットへ走行に行く時は
いつも死ぬかも知れないって事を常に意識しています。

いま、若い子を2名指導しながら
耐久に向けて取組んでいますが、
最近では珍しいぐらい真面目に取り組んでいます。
僕はビンボーだし、現在までに相当遠まわりをしてきたかもしれませんが
自分が諸先輩方から受け継いだノウハウと
レースに対する意識を自分の経験をプラスして
彼らに伝えていけたらと思っています。

人生はいつ終わるかわかりませんけど、
本気で本気でレースに取組んで行けば
レースを通じて得られる大きなものが必ずあります。

自分の心棒を太く強くしっかりと持って
どんな時でも諦めず、答えを探す努力を惜しまない事が
他人を巻き込んでレースをするライダーには必要です。


書いているうちに話が脱線してきたので
本来何を言いたかったのかという事に無理やり戻します。

そう、レースと金。
限りある資金をどう使うのか?

その昔レースを始める時に言われた言葉
「1円でも無駄なパーツは買うな」

そのとおりだと思います。
更に自分の経験上、現状を見つめ
何に投資するのが一番タイム・結果に結ぶつくのか?
ということをしっかりと考えて行動する力が必要ですね。

ビンボープライベーターは
最小限の資金で最大限の効果・結果を得るということを
常に考える必要があり、そのための自己分析や
情報リテラシーを磨かなければなりません。

お金もかかるけど、夢もあるこの世界には、
お金じゃないって言いながら、金ばっかりの人も
悲しいことですが居ますので、要注意ですね。

人よりも早く判断し、人よりも早く動く、
Time is Money
チンタラしてたらコース上だけでなく、社会からも
置いて行かれます。

時間を買うためにいっぱい働いて稼ぎます。

テキトーに書きすぎて、長くなったので
この辺で切りますが、
やりたいことを実現するには絶対に金が必要で
実現するための行動力はもっと必要ですね。
それが本気度のバロメータ。