★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【10月営業案内】

8日(日曜日)営業

9日(月曜日)休業

15日(日曜日)営業

22日(日曜日)営業

29日(日曜日)営業

予想外です

出先でのネット環境確保のため
ポケットWiFiを使用しています。

IMGP7045.jpg
先日、こんなお手紙が届いていました~。

重要ですか~(--〆)

IMGP7046.jpg
裏を見てみると、
早い話、使いすぎると、早さを売りにしていた
ウルトラWiFiの通信速度を制限するとの内容。

契約時にそんなことを臭わせる記載がありましたが、
こんな早い時期にこんな通知が来るとは・・・。

まさに、予想外です(;一_一)





よくあるご質問(ブレーキング)
僕の乗り方考え方を書いていきます。

今日はよくあるご質問ということで
ブレーキングについて書きます。

IMGP7048.jpg

質問として多いのが、
Q.何処までブレーキを握っているの?また、クリップまで思いっきり握ってるの?

と、この辺の質問が多いですね。
今回はリアブレーキをの事は除外し、
主にフロントブレーキとタイヤの関係を考慮して
上記のよくある質問に答えていきますが、
その前に、僕のブレーキングに対する基本的な考え方は以下の通りです。

【グリップ力と足し算引き算】
当たり前の事かも知れませんが、タイヤのグリップ力が0(ゼロ)であれば、
真っ直ぐな状態でブレーキも出来ません。バンクも出来ません。
なぜ、グリップ力が0であればブレーキすらかけれないのか?

答えは簡単。
タイヤのグリップ(0)-ブレーキングG(仮に10とする)=-10(0が限界点なので破綻する)

グリップの限界が0だと仮定すると、それを超えるとタイヤが機能しなくなります。
通常タイヤのグリップが0と言う事はないので、
以後、タイヤのグリップを100として説明します。

IMGP7050.jpg

タイヤにかかる力の大半は、
ブレーキングG、コーナリングによる遠心力や慣性力(バンクG)です。

そこで、先ほどの足し算引き算が出てきます。

T(100)-(B1+B2)=答えが0以下にならなければOK

*タイヤのグリップ(T)
*ブレーキングG(B1)
*バンクG(B2)

この考え方が僕の基本です。

そして、よくある質問に答えていきます。
Q.何処までブレーキを握っているの?また、クリップまで思いっきり握ってるの?

A.コーナーによって当然違いはありますが、
基本的な考えはブレーキングGとバンクGのバランスを考慮しながら握っています。

(例)ブレーキングの流れ(理論値)
 *T=100

・直立時のフルブレーキング
T-(B1(100)+B2(0))=0

・寝かしこみ初期
T-(B1(80)+B2(20))=0

・クリップに向かう途中
T-(B1(50)+B2(50))=0

・クリップ
T-(B1(0)+B2(100))=0

*再三ですが、コーナーの種類や走行ラインによっても
かけ方やかける時間が変わりますので、あくまでも理論値(参考)として考えて下さい。

上記の計算式のように
ブレーキングGとバンクGのバランスを考えて、
タイヤのグリップを超えないようにブレーキングを
変化させていってます。

ポイントは、リリースの仕方にもかなり気を使っているところです。

リリースのスピードやタイミングを適正に実行するには、
タイヤのグリップを感じる訓練が必要になります。
まあ、コレが一番難しいところだと思いますので、
どんなバイクに乗っている時も体に伝わってくる
タイヤのグリップ感を意識して乗車する事が重要かもしれませんね~。

ちなみに、OFFロードバイクでダートを走ると、
低速でタイヤの限界を感じやすいのでお勧めです。

グリップに対する理解が深まると、スライドコントロール力も向上し
転倒しにくくなりますよ~。


ではでは、長いのでこの辺でやめときます。

参考になれば幸いです。






マシン製作の面白さ
マシン製作の話です。

僕のK5はスイングアームを35ミリ延長しています。

夜な夜なチームのサポートを受けて、
自分達で純正を加工し、レースに参戦していました。
K5r.jpg
スイングアームを伸ばすと車体のバランスが崩れるので、
ピボットの高さ、リンク、リンクロッド、車高等、
いろいろ変更をしています。

まあ、書くと簡単ですが、その当時は今ほど経験も無かったので、
セッティングにめっちゃ時間がかかりましたわ~。

IMGP6918.jpg
見た目はモノモノしい感じですが、
動きはしっとり、しなやかな食感?感触です。

鈴鹿で言うと、ダンロップなどはノーマルの状態よりも
断然、開けてイケます!!

造り込む楽しさを覚えてしまった1台ですね~。

だから、J-GP2とかはメッチャ難しいやろな~って
見ていますが、スプリントレースでは今、一番興味のあるカテゴリーですね。





priceless
自分が参戦してきたレースの車検ステッカーを
汚くなっても剥がせない人が多いと思います。

自分もそのひとりっす。

IMGP6914.jpg
鈴鹿のステッカーは既に日付の判読が出来ません。
でも、いつのモノか覚えています。
2006年ですわ~。
その当時、全日本RR鈴鹿のJSB1000クラスも
エントリーが70台ぐらいあって、
20台ぐらいは予選落ちしてましたから、
予選をクリアすること自体、僕的にケッコウ大変でした~。
まさにワンミスで運命が分かれるので、全く気が抜けません。

リーマンショック以降、参加台数も減り、
グリッド割れが目立ちます。
参加台数が少ないと賑わいに乏しく寂いしいですね~。

IMGP6915.jpg
これは8耐の時にヘルメットの検査を受けて合格したステッカーです。
またまた、汚れても剥がせないモノが増えて行きますわ。

客観的に見ればタダのステッカーですが、
沢山の思い出がつまった勲章みたいなものなので、
某CMじゃないですけど、pricelessですね~。






iPhone5へチェンジ
IMGP6911.jpg
来ました。
流行に乗った感もありますが、
オンラインショップで予約したiPhone5が到着しました~。

店頭で購入すると、色々と付属品のサービスがあったりするみたいですが、
並ぶ、待つのが大嫌いなので、並ばずして手に入った事で満足です。

お父さんストラップが入ってましたが、
iPhoneにはストラップを通す穴が元々ありません。
まぁ、穴があってもこのストラップは使いませんが~(;一_一)

IMGP6912.jpg
僕はiPhone3G⇒iPhone4⇒iPhone5と3台目の購入になります。
一度持つと便利さと拡張性の高さに、普通の携帯には戻れませんわ~。

早速、使った感じですが、4に比べて処理速度が格段に速いですね~。
正直、僕的には今のところ単純に性能が
上がったってことぐらいしか感想はないですね~。

それと、4に比べて発熱が酷い気がします。
まだケースが無いので、生で触ってますが、しばらく触っていると
低温やけどしそうです。

カバーですが、オリジナルのカバーを作ります~!!
ていうか、作ってもらいます~。

今そのデザインを考案中です。
出来たら、見せますわ~(^O^)/





8耐ソフト
IMGP6905.jpg
先日、出先の滋賀県で見てしまいました~。

8耐ソフト・・・。
8時間、打って、投げて、走ってをやるんでしょうかね~?
内容はハードでしょうね~。

バイクの8耐と同じで、月の最終週に開催とは、
バイクの8耐を知っている人が主導している可能性大っすね(*_*)

バイクの8耐と同日にコレをやると、熱中症で病院送りになりそう・・・。
イイ時期を選んでますね~。

スポーツの秋ですね~!!

暑さ寒さも彼岸まで・・・。
その通り!昔の人は凄いです。

ツーリングには一番いい季節ですね~。



テーマ:鈴鹿8耐 - ジャンル:車・バイク


確認の儀式
IMGP5120.jpg
今日は、僕がいつも行っている
コースインの時の"儀式"について
書いていきます。

僕の走行をサポートしてくれている方は
お気付きかと思いますが、僕はコースインする時に
ホボ必ずスタンディングで車体を左右に揺らしてから
コースインしています。

その理由は大きくは2つあります。
まず、1つ目は加重抜重のタイミング確認と
ウォーミングアップです。
車体を左右に揺らす動作を
ステップワークのみで行います。
タイミングが合わなければ、
思うように車体が動きません。

もう1つは、ハンドルが切れて行くスピードを確認しています。
ステップワークのみでハンドルが思ったスピードで切れなければ
ほとんどの場合、S字などで、切り返しが重いという症状が出ます。

切り返しが重い=寝かしこみスピードが遅いという事が多いので、
短時間でセットを見極める時に、
まず、ピットレーンでステップワークを用いて確認し、
S字を実走して確認し、その上で論外であれば、
ショートカットを使える時は東でショートカットしてリセッティングします。

予約が取りづらいスポーツ走行時間は
特に時間を無駄にする事が出来ません。

したがって、ピットを出た瞬間から見極めに入らないと
何も成果のないまま走行時間終了を迎える事になりかねません。

鈴鹿の走行料金は1分100円です(1枠30分3000円)

1周するのに僕のベスト換算(2分14秒~)で約223円必要です。
(回転すし2皿ちょいですな~ちなみにすしは6皿で限界です。)

せっかく午前0時にパソコンやスマホで必死に取った
走行枠を無駄にしないように、些細なことかもしれませんが、
小さな事からコツコツやるもの大事かと思いますわ~。





テーマ:鈴鹿8耐 - ジャンル:車・バイク


ピスト
IMGP6806.jpg
久しぶりに自分のGSX-R1000 K5に
スリックタイヤを履かせてみました~。

ちょうど車検も切れてるし、
当分公道を走る予定が無いので、
いつでもサーキットに持って行ける様に
レーサー仕様にする作業をしていますが、
キャリパーボルトを別の所で保管している事に気づき、
作業ストップです。

IMGP6804.jpg

リヤブレーキも外れているので、
現状はGSX-R1000 ピストですわ((((;゚Д゚)))))))

危険度MAXな仕様になってます~。

DOGHOUSE K9 vs K5対決が実現するかも~(^o^)

聞くチカラ
DSC_0534.jpg
これ、今年の8耐決勝前日のフリー走行の時に
撮って頂いた写真ですが、
二人とも目をつぶっています。

チューする前とちゃいまっせえ~(@_@)

お互いの走行内容についてインプレをしています。
好みのセッティングがそんなに違わないことも大きいですが、
意見を聞きあってお互いを尊重しながら、
最高の妥協点を模索する作業がスムーズに進み
車体のセットで意見が対立するようなコトはありませんでした。

この写真は「聞く」と言う事の重要性を物語っていると思います。
二人ともにお互いの意見を素直に聞いているので、二人とも目をつぶっています。

こんな写真が結構あったので、たまたまじゃないですね~。

耐久レースは一人で完結しないところが面白いですよね!
レースはやめられまヘンわ!(^^)!







テーマ:鈴鹿8耐 - ジャンル:車・バイク


一体感


今日は車体と自分が接する部分について書きます。
近年の200ps近くあるスーパースポーツの性能を有効に引き出し、
速さに繋げるには、マシンとの一体感が非常に重要です。
基本はやはり、ニーグリップですが、タンクやシートの形状によってはニーグリップなど、
車体をホールドするのに相当な労力を要するモノがあります。

車体と自分が接する部分のパーツや素材を見直す事で、
その労力を低減出来れば、同じ労力を使ったとしても、
より高いパフォーマンスが可能になります。

具体的には、タンクのホールドをキープしやすい様に
内腿が当たる所にラバーやパッドを追加したり、
シートの表面をノンスリップ素材の物に張り替えたり、
ステップ位置の見直し及び、
ステップバーを滑りにくい物に変更したりと、
様々な方法があります。

フル加速、フル減速で、カラダがずれてしまう事が無くなれば、
普段通りライティングしたとしても、
なんの苦労も無く、マシンとの一体感が向上し、
ライティングがスムーズになります。

ポジション合わせと言うカテゴリーを更に進化させて、
一体感を手に入れる事は是非やって頂きたいコトですね~。