★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する





HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ販売中

Tgr
Tn
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

不定期営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

営業日はこちらのブログ・Facebookページにて告知いたします

【営業案内】

自分次第


まだ全部終わっていませんが、
今年も沢山の忘年会に参加させていただき、
リミッターオフで、ゆっくりと色々な話が出来て
有意義な時間を過ごさせていただいております。

何かを全力で追いかけている人は、
エネルギーが溢れていて
話をしていて凄く楽しい。

楽しい時間はあっという間に過ぎて
あの話し面白かったな~
この話しは、ためになったな~、なんてことを思いながら
終電間際の電車に揺られ帰る日が多いです。

そんな中、最近で一番印象に残ったのは、
他人と過去は変えられないけど、
自分と未来は変えられる。
と言う言葉です。

当たり前の言葉ですが、
自分次第と言う事をシンプルに表した言葉です。

完璧な人なんて居ないわけですから、
失敗と反省、達成を繰り返しながら(反省も達成しない人もいますが)
誰にでも必ず終わりの日が来ます。

それまでの時間をどう使うか?と言う事が
生きるという事なのかなと思います。

日常の中で起こる様々なことに対して、
自分を修正し、目標があればそれに向かって未来を作る

人よりも大きな事をやろうと思うと、
何らかの負担や犠牲は伴い、
我慢や大変な時間も増えますが、
目標を達成できた時の喜び、
失敗した時の経験値は、
次の自分の行動のヒントになります。

客観的に自己分析したうえで行動する。
結局は、良くも悪くも自分次第という事ですね。




ハイブリッド


アジャスト機能の無いフロント周りを
ごっそり交換するため、
阿部技研との共作です。



ステムシャフトを打ち替えて
着くように加工しました。



フロント周りが無いと支えるポイントが無いため、
櫓を組んで宙吊りです。



フロント周りが無い状態なら
ラジエーターガードが着けやすいので、
今のうちにやりました。



フォークを取り付けました。
SV650とGSX-Rのハイブリッド

まだまだやる事は沢山ありますが
ベースとなる大改修は完了です。





設計と評価
自分の身近には
物の開発に関わる人が結構います。

先日、ある物の開発の現場に同席させていただきました。
もちろん、その物や内容を書くことは出来ませんが
設計と評価について、
以前から何となくこんな感じなのかな?と思っていたことが
間違いないなと思う事があり、
その事について書こうと思います。

冒頭に書いたように
自分の周りには開発の方が結構いて、
以前から漠然と、色々なタイプの人が居るんだなー。と
思っていました。

設計をする人(設計)と、その物を実際に使用して評価する人(テストする人)
お互いの間に相性と言うか、共通の感覚での表現の仕方があり、
相性が良ければ良いほど、
その物が開発の目的通り、完成へと近づいていくという事

基本的なことかもしれませんが、
設計者には、その評価者の表現をより多く理解?吸収?できるスキルが必要で
評価者には、その設計者に、より的確に深く伝えるスキルが必要なんだと
改めて感じました。

お互いにどちらも同じようなレベルで作業が出来なければ、
もしくは、どちらかが一方を引き上げていけるスキルが無ければ、
ことは上手く進まないと思います。

先日は、そのスキルが互いに高いレベルで
仕事を完成させていく現場をナマで見させて頂いて、
物づくりの原点の様なものを感じました。

多くの経験と実績に裏打ちされた感覚、
やはり感覚という職人技が必要で、
中途半端にかじったぐらいでは、
このレベルに達することは出来ない事

こういった物づくりが日本の物づくりを支えていることは
間違いないと思います。

そら~開発には時間とお金がかかるのも納得と言う話でした。



本年最終営業
12月22日(日曜日)14時〜
本年最後の営業です。

SUPER TWINレース車両製作中につき、
部品がバラバラで、店内が非常にレーシングな状態でした。
なかなか営業出来る状態になかったのですが、
営業に関する多数のお問合せを頂いておりましたので、
ようやく整理がつき営業出来るようになりました。

よろしくお願い致します。




フルエキ交換

ノーマルマフラー


レーシングフルエキ

マフラーが変わるだけで、
一気にレーサーっぽくなりますね。

先日作った2次エアーのブランドプラグは
フルエキに交換するためです。

2次エアーをキャンセルしないと、
アクセルオフでパンパン音がします。




形見の旋盤


この旋盤は爺さんの形見
チャックの部分が壊れていて
古い物なので部品も無く、半ば諦めてしばらく放置状態でしたが、
阿部技研アベちゃんが壊れたチャックを再生してくれました。

文字で説明するのは難しいですが、
割れたチャックの爪を溶接し、
螺旋状に溝を手削りで再生すると言う
難易度も高く、非常に手間のかかることを
やってくれました。



アベちゃんの手により息を吹き返した形見の旋盤で、
こんな形の物を作りました。



2次エアーのブラインドプラグです。
単純な物ですが、この旋盤で削った物なので、
感無量です。






初乗りデータ
SUPER TWIN クラス参戦車両 初乗りテストデータ



★SV650★(パターン1)僕
(車体仕様)リアショック、ステップ、ABS取外し以外ノーマル
(タイヤ)DL ROAD SMARTⅢ(新車装着タイヤ) ※タイヤウォーマー未使用
(気温)10℃
(路面温度)9℃
(最高速度)190㎞/h
(走行タイム)1分51秒



★SV650★(パターン2)僕
(車体仕様)リアショック、ステップ、ABS取外し以外ノーマル
(タイヤ)BS S22 ※タイヤウォーマー未使用
(気温)12℃
(路面温度)14℃
(最高速度)193㎞/h
(走行タイム)1分48秒



★Ninja650 2017年式★ JP250参戦国際ライダー
(車体仕様)フルノーマルABS付き
(タイヤ)DL α13SP ※タイヤウォーマー未使用
(気温)13℃
(路面温度)14℃
(最高速度)188㎞/h
(走行タイム)1分50秒


今回は、普段バリバリレースをしていない方も気軽に参加できる事を想定し、
レース専用タイヤを使用していないため、タイヤ自体の温度依存が低く、
タイヤウォーマーなしのコールドスタートでも、数周でタイヤのグリップを感じることが出来ました。
速度レンジも程よく、過度に身構えて乗らなくても適度な緊張感があり、十分に楽しめました。
ファイナルさえ合わせれば、この状態でも、もっと気持ちよく走れそうです。







SV650 試走


ミドルツインレース参戦車両の製作を開始しました。



ステップとリアサス、ブレーキホース以外は出荷状態で
専有走行にて試走を実施しました。
(※レース出場・スポーツ走行には、アンダートレイが必要)



急遽決まった走行でしたが、大変無理を言って



ベビーフェイスさんにステップを用意してもらいました。



リアサスはOHLINS TTX GP



専用品が無いので、
車体の小加工と寸法合わせで
なんとか装着出来ました。

タイヤもマフラーもファイナルもノーマルなので、
コースに合わないところが多々ありましたが、
全体的にめちゃくちゃ乗りやすく
楽しいマシンです。