★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【10月営業案内】

8日(日曜日)営業

9日(月曜日)休業

15日(日曜日)営業

22日(日曜日)営業

29日(日曜日)営業

補う
IMGP5097_20131006003341e4f.jpg

僕のこの光景はよく見かけると思います。

以前もイメージトレーニングについて書きましたが、
今回は別の視点からイメトレを解説します。

【走行時間編】
年間エントラントや有力チームのライダーと比べて、
プライベーターは練習時間が格段に少ないです。

どのような事柄にも、ほとんど共通して言えると思いますが、
物量作戦は非常に効果の出やすい作戦ですね。
(効率・非効率は別)

イメトレは少ない練習時間を補うためにも行っています。
その練習時間の少なさをイメトレで補えるぐらいになるには、
イメトレのレベルを上げなければなりません。
詳しい内容は過去のイメトレ記事をご参照ください。


【耐久編】
耐久レースでは、何があっても次のライダーに予選を走ってもらう必要があります。

自分が第一ライダーなら結果(良いタイム)を出す事と
第二ライダーへ良いコンディションでマシンを渡し、
予選を通過しなければなりません。

アクシデント回避と結果を両立させるため
短時間で結果を出せるように自分を組み立てます。

そのように自分を組み立てるために
予選前に予めイメトレでコースを何周も周回します。

こうすることで、コースを実際に走ったかのような
錯覚を頭の中で意図的に起こします。

このイメトレはコースイン直後からハイペースでのアタックを可能にするために行っています。
予選時間はフルに走行せず、序盤でケリをつけます。
走行時間を短くすればアクシデントに遭遇するリスクは確実に下げる事が出来ます。

これは耐久ならではのイメトレ活用術です。

ちなみに、スプリントでも予選前にイメトレを行いますが、
自分だけのレースなので、予選時間をフルに使いフルアタックで挑みます。

イメトレは、お金を使わずに
自分の、自分たちの弱い部分を補う事が出来る。
究極のトレーニングだと思います。





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿