★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【定休日以外の休業日】

8月6日

8月11日

8月20日

理由
よく毎日書くことあるね~。と度々言われます。

書くことはナンボでもあります。
実は、何を書くか、選択するのに時間がかかったりしてます。

自分の職業的に仕事のコトは基本書かないし書けないし、
レースやバイクに関することがほとんどになります。
まあ、そもそもそういうブログですが…。

自分として、ブログをやり続ける理由の一つに、
オートバイ、オートバイレースに携わる人口が
少しでも増えればという思いがあります。

特にレースは、お金がかかるイメージがありますよね。
やり方によりますが、事実、結構お金かかります。
そもそも僕自身、お金に余裕があってレースを始めた訳ではありません。

あったのは、レーサーへの憧れのみで、後はバイクが1台あっただけ。

サーキットに行き始めた当初は、
その当時に勤めていた会社のトラックを借りて
サーキットに行ってました。

その後、始めてのトランポ、店頭価格3万円のタウンエースを購入し、
本格的にサーキットへ行く様になりました。

3万円のトランポを自分的には凄く気に入って乗っていましたが、
わずか1年でクラッチその他が壊れ、廃車になりましたけど…。

お金があまり無い僕でも、レースを始めることが出来たし、
ある程度の割切りと言うバランス感覚があれば、
普通の社会人であれば、レースを始めることは十分可能です。

もう一つレースを始めるにあたって、重要なことがあります。
それは、環境です。

いくらお金があっても、レースが出来る環境が整わなければ、難しいですね。

環境とは、自分の置かれている状況や、お手伝い、サポートしてくれる人がいるか、地理的要件など。

僕は始めからレーシングチームに所属して、
チームのレースをお手伝いさせてもらいながら、
レースのノウハウを沢山の先輩から学ばせていただきました。

実際にレースをお手伝いした時に、何を学び、考えるか?によって、
自分のレースの方向性が決まると思います。

僕の場合、始めからプロレーサーを目指していたので、
方向性に変化は無かったのですが、
レースに興味はあってもあと一歩が踏み出せない人は、
レースの現場に足を運んで、実際にその空気に触れると、
ライダーだけがレースをしている訳では無いことに気づくと思います。
そして、具体的に自分のレースプランが見えてくると思いますよ。

レースに参加する方法は、ライダーだけじゃないですから、
レースに興味のある方は是非一度サーキットに行って、
生の雰囲気を味わってみて欲しいです。












この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿