★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【定休日以外の休業日】

8月6日

8月11日

8月20日

今シーズンの軌跡 1
P1060694.jpg

4月全日本開幕戦。
今シーズンは昨年末にシェイクダウンしたばかりのマシンを駆る
フロントはオーリンズFGRT809 リアはTTXと
僕にとっては超高級品のオーリンズフロントサスを
初めて使わせていただいた。

開幕戦が実質3度目の走行。

金曜日からセットアップを試みたが、
とにかく切り返しが重い、振れる。
久しぶりに腕がパンパンになった。

なんとか予選をクリアしたものの
ベストの2秒落ちでしか走る事が出来なかっためギリギリの通過。
予選落ちなど考えてもいなかったので、本当に焦った。

fc2blog_2014041610421027a.jpg

なんとか並ぶ事の出来たグリッド。
朝のフリー走行でも大きくセットを変えてチャレンジした事が功を奏し、
切り返しの重さは大幅に改善されたが、振れは残っていた。

そして決勝。
43番手からスタートして、ほぼ自己ベストタイムのペースで
追い上げて、途中31番手まで浮上したが、5周目のデグナーカーブ2個目で
フロントブレーキが握れず転倒を喫し、再スタートは出来たものの
大きく順位を落とし、36位でチェッカーを受けた。

セットを許容値に収める事が出来ないままスタートした開幕戦でした。
ライディングを工夫して振れを抑える乗り方を試みていましたが、
バトルになると、どうしても攻めの乗り方に変化し、力が入ってしまいました。
その結果、握力と手・指の感覚がコーナー毎に奪われて行き、
5周目のデグナーカーブで一気に限界を超えてしまいました。

「メチャクチャ悔しかったですね」

この初戦が自分の闘志に火をつけました。

このレースを冷静に分析し、良かった事、悪かった事に分けて考えて
ポジティブに戦略を立てました。

セット云々はレースにとって重要なファクターである事は間違いないけど、
もっと重要なのは、ポジティブなライディングへの姿勢。

ポジティブなライディングへの姿勢とは、
単純に「俺はどんなセットでも速く走らせる事が出来る」という
根拠のあって無いないような自信

反対にネガティブなライディングへの姿勢とは、
速く走れない事をセットが出ていないなどと物のせいにする。
それは、予選や決勝の場面において自分が楽になりたいだけの口実に過ぎない。
同じ物を使ってもっと速く走らせる事が出来るライダーは実際いる。

この開幕戦、
僕自身、自分でも気づいていなかったけど
予選まではネガティブなライディング姿勢だったとレース後の分析で気付いた。

決勝は転倒してしまったものの、
ポジティブなライディングだった。

なぜ、1日で考えを180度変える事が出来たのかというと、
レースを手伝ってくれた人達が僕を少しでも良い状態で走らせたいと
ギリギリまで頑張ってくれたから。

実際に、予選より決勝の方が2秒速かった。
セットでの改善ももちろんあるが、追い込まれた気持ちと
背中を押してくれた人へ結果で返したいという気持ちでタイムと順位は大幅に上がった。

セットは安定性の為
ブチ切れモードはここ一発のため。

この両方を兼ね備えた精神論とテクニカル論のハイブリッドが
結果を出すには重要だと学んだ開幕戦だった。

欲しいのは結果だ。
慰めじゃない。

そして、気持ちを九州ラウンドへとシフトする。

つづく・・・・。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿