★全日本ロードレース、鈴鹿8耐に挑戦する、SUZUKIN最強プライベーターを目指すブログ★


プロフィール

耕太

Author:耕太
国際ライダー・行政書士
H.L.O RACING



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索




RSSフィード




リンク

このブログをリンクに追加する




ロードレースライダーが行政書士になるまでの軌跡行政書士試験受験生向け書籍販売中

HLO RACING ロゴ

H.L.O RACING オリジナル

シャツ・タオル販売中

Tgr
Tn
Pgr
Pgr

【サイズ】

Tシャツ

S/M/L/XL

ポロシャツ

S/M/L/LL


【価格】

Tシャツ

第2ロット分5000円(税込み)

ポロシャツ

5000円(税込み)

オルジナルタオル

3000円(税込み)


シャツの詳細はこちらの記事をご参照ください。

手渡し以外の発送はレターパックライト(360円)にて発送させて頂きます。 お振込口座情報を商品に同封して発送致しますので、 到着後、お支払いお願い致します。

当Tシャツの収益は全日本ロードレース参戦等・レース資金として使わせて頂きます。 ご購入は何らかの方法で、ご連絡いただくか、こちらまでよろしくお願い致します。

fc2blog_20160614185820f00.jpg

耐久レースの必需品、給油口販売の詳細はこちらから fc2blog_201611221935400ad.jpg

SUZUKINオリジナルキャップ 好評販売中です。(税別)5,980円スナップバックなのでサイズはフリーです。 ご購入は店頭またはこちらまでよろしくお願い致します。

★"現在の鈴鹿ベストタイム 2分12秒720  ★"更新

鈴鹿8時間耐久レース H.L.O.RACING参戦記録 2015

その他の動画・オンボード映像はこちらから

HLO RACING cafeロゴ

H.L.O RACINGの☕cafeを併設したオープン・コミュニティ

H.L.O RACING cafe はロードレースを身近に感じる事が出来るレーシングカフェ

大阪市東淀川区下新庄1丁目12-6 第3ビル1階

【電車】

阪急下新庄駅から徒歩約4分

阪急淡路駅から徒歩約8分

【車・バイク】

新御堂筋 東三国2交差点から約3分

【営業日・営業時間】

平日:自由営業(ご来店される方はこちらまでメールまたはお電話下さい。)

日曜・祝日:14時~21時

定休日:土曜日、レース・テストの日など

【定休日以外の休業日】

6月11日(全日本もてぎ参戦:休業)

6月25日(全日本AP参戦:休業)

現場の意味
『事件は会議室で起きているんじゃない。現場で起きてるんだ!』
と言うフレーズが、かなり前に流行しましたねー。

ネット・SNSなどに代表される情報過多の現代社会に於いても
実際の現場でしか感じることができない空気や感覚があり、
その瞬間・瞬間を見る角度も人それぞれちがい、
聞いた情報がいくら沢山あっても、実際に自分の目で見ないと、
本質的なものは掴みづらいし、現場から離れにつれて、
現場時代からのズレは広がる一方になる。

自分は出来ると思っている人ほど
一度現場から離れると、自分がズレて行っていることに
気づかない傾向にあると思う。

現場に行かなくても手に入る情報は沢山ありますが、
その情報は発信者の主観を排除しきれない伝聞に過ぎない、
目の前で物事が起こる現場に居るのとは
次元が全く違います。

過去の経験や実績は積み重ねが必要な事で、
短時間で培えない大切なものですが、
それにしがみついていたら、(無意識だと思いますが)
進化や時代に取り残されてしまいます。

例えばレースであれば、
マシン、タイヤ、電子制御、など
もの凄いスピードで進化しています。

求められているのは、
それを扱う人間がいかにその進化に対応出来るよう
変化出来る能力だと思います。

ライダーはマシン、タイヤ、電子制御、パーツの進化に合わせて
ライディングを変化される必要があります。

メカニックも同様に進化した物を使いこなせるよう、
考え方やテクニックを柔軟に変化される必要があります。

自分は聞いた情報だけでパーツを使い続けることは絶対にしません。
ただ、実際に使わないと判断が出来ないので、
物にもよりますが良さそうな情報があれば、
1度は使ってみます。

自分の店には実際に自分が使っていて、
良いと思う物しか置いてません。

ちなみに自分がパーツを選ぶ時のポイントとして、
現状のスペックとは別に将来性も重視して選んでいます。

机上の論理で問題が起こらないのであれば、
テストをする必要はないですが、

テストを実施する意義は
現場に来ればわかります。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿